ジェフの観戦日記が中心です。

逆境イレブン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【ジェフ千葉】vs徳島 プランC

久しぶりの勝利でしたね。
もう1週間前ですか。

昨年の試合展開を見ているようでした。
今年は4-4-2、昨年は4-2-3-1がメインと
差異はあるものの。

やや低めの重心でがっしりと構え、
まずは守備からといったところは共通か。
そのボランチの先発が健太郎であったというところも、また同じく。

SBは昨年よりも位置が低いように思えた。
特に中村。リスクを負いたくはなかったのだろう。
徳島は裏を狙っていたようだが、SBの位置が低いため
その狙いは奏功しなかった。


前線にロングボールを送るため、
1topではなく森本とペチュニクの2topとした。
これだとターゲットが分散されるので
町田をトップ下に置いたときよりも
ボールが収まりやすいようだ。

守備の意識は非常に顕著。
前でコースを限定して、後ろで奪う。

攻撃も守備も非常に現実路線。

昨年もある程度うまく行ったため、
この路線で期待はできそうだが、
今年はスーパーサブのケンペスがいない。
その辺はどうなのか。

堅牢なブロックを構築できても、
リスクを背負って攻めるわけではないため
決定力不足は変わらないと思う。

春先に見せた
パウリーニョを中心としたショートカウンタースタイルをプランA、
シーズン中ごろに見せたポゼッションスタイルをプランBとしよう。

徳島戦で見せたスタイルはプランCにあたるのだろうか。

プランBは堅実しなかった。

AとCを試合中に機を見てスムーズに切り替えつつ
戦えたら良いのかもしれない。
プランCだけで連戦連勝とは行かないだろう。
家長のようなスーパーなタレントはいない。

これからも苦闘が予想される。
関塚監督にも、クラブにも時間が必要かもしれない。
湘南のように腰を据えてチームを作って欲しい。



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ




  1. 2015年08月07日 10:27 |
  2. ジェフ千葉・市原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ジェフ千葉】vs水戸 どうにもこうにも上手くいかない

アウェイ水戸戦。
1-1のドロー。

家事をしながらオンデマンド観戦した程度なので
あまり書けません。

酷い内容に見えたので
まず、ポジティブな内容を。

・後半のオナイウの出来はかなり良かったと思う。だいぶポストプレイが収まるようになったか。

・キーパーは今年はやはり高木がいい。守備範囲広い、フィードの精度もある。

・ボールをサイドに出すまでは、富沢の加入でだいぶ目途がついたと思う。

ネガティブな内容。

・サイドから中に入れるところ、また入れた後もボールが進まない。
・パウロがCBの間に下がる、サイドバックが高めの位置を取る、サイドハーフ中に入る、
前線4人が渋滞する。ここはもう数試合改善しない。
このやり方でいいのか?

・やはりパウリーニョはもっと前で活かしたい。セカンドボールを拾える体制になっていない。

・中盤かっとばして、ボールを前に出すやり方が雑に出ている。背丈のない井出と町田が生きてこない。

・運動量が全体的に上がらない。なんでだろう。


雑感。
どうにもグダグダ感あり。

西部謙司さんがプレーオフに頭を切り替えたとメルマガで書かれていました。
まあ、そうなんでしょうね、やっぱり。
プレーオフ血戦用に今度は試行錯誤していくことになるかもしれません。
そこまで選手が、モチベーションもつかな・・・。

中村がいれば勝てるのに、という声も聞きますが。
そこまで個の選手に依存している段階で、チームとしてどうなのかと。
戦術米倉の段階から変わっていないことになってしまう。
実際、戦術米倉であったし、戦術中村なんですが。
SBからのクロスが最大の得点源って。


補強について。
センターに外人FWを取らない。
なぜか。
勇人の代わりに健太郎、中村の代わりに田代に拘ったりと不明確な采配が今季目立つ。
関塚監督は、簡単には選手を見捨てない、幾度も試してあげる温情的な?采配なのかとも思いました。
(単に見極めの遅いだけか?)
よって、結果の出ない、怪我がちな森本への拘りをすてていないのかもな、とも思いました。
いろいろ森本の復帰待ちか、とも思えます。
彼に期待して、ケンペスの契約を更新しなかったわけですし。
もしかしたら、空いた1枠はトップ下にブラジル人FWなどもってくるかもしれません。
パサー、ゲームメーカーが今のジェフには皆無。(大宮のあの人みたいな。)


今更関塚監督を変えようとも、伏魔殿も思ってはいまい。来季も関塚監督だろうと。
(たぶん。ジェフの首脳陣だから、何するかわからないが。)

こうなったら、もう今季好きなだけ試行錯誤しちまいな、とも思う。
ついでなら4-1-4-1も3バックも試してほしいとは思うが。
なぜか、そこは頑なに4-2-3-1だな。



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ


  1. 2015年07月23日 14:35 |
  2. ジェフ千葉・市原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ジェフ千葉】vs磐田 それでも待つしか

なかなか厳しい敗戦。今季7敗目。

攻守ともにファイトしていましたが、力及ばずジェイの一発に沈みましたね。

一点取られるくらいは仕方ないのかもしれません。ジェフは今季前からフォアチェックをかけ、ボールを奪取するスタイル。それゆえ、ボールを奪えず、交わされた後に絶好のカウンターをもらいやすい、のかなと。
いや、失点だけ見るとまずい交わされ方がこの数試合続いているので、良くはないですが。

サッカーを始めて以来、私もチームメイトには言われます。足を出さないで、なるべく相手の攻撃をディレイさせろと。

足を出しにいく、相手からボールを奪いに行くのであれば、その後のカバーを考えないといけない。

まあ、磐田相手に1失点ならこれはまあ許容範囲。
守備はともかくやはり問題は攻撃。

ボゼッションした場合も、中盤から前目での構成力も足りず、カウンターの時もどうしても早くボールが前に送れない。

どうしたものかと。
補強に頼るのか、あくまで今の選手たちを信じるのかと。

情けないことに攻守ともに課題を抱える現状。J2、6年目だが…
とりあえず関塚ジェフを支えて、選手たちを支えて、陽の目が出ることを待つしかないです。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ





  1. 2015年07月22日 00:20 |
  2. ジェフ千葉・市原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ジェフ千葉】vs金沢、群馬 終わらない試行錯誤

金沢戦、群馬戦とTV観戦しました。
1分1敗。

なんとなくやろうとしていることの理想が高いなと思いました。

CBの位置にパウリーニョが降りる。
パウリーニョあるいは富澤がSBにパスを散らす。
縦パス入れられなかったら、ボランチ、CBを経由してサイドチェンジ。
逆サイドで仕掛ける。
そっちでも詰まったら、またサイドチェンジ。

相手ブロックをスライドさせて、
ギャップが出来たら縦パス。
そこで初めて仕掛ける。

でもうまくいかない。
引っかかってカウンターを喰らう。

引いた相手を崩したい。

富澤も言っていましたが、
関塚監督のやりたいサッカーは相手を圧倒したいサッカー?
(つーか、降格後の苦闘の中でジェフの目指すところはそこか?)

なかなか精度を高めるには時間がかかると思う。
特に今はけが人も多く、さらに新戦力も融合させねばならない。マネージメント力も問われる。

今季はもう半分終わった。
自動昇格を目指すには今のペースでは到底届かない。
しかし、田代の左SB起用、パウリーニョの途中交代などまだまだテスト的な采配が目立つ。

なんだか、高度な理想に向けて延々と試行錯誤しているような感じだ。
今季はリアクション気味のショートカウンターを狙うサッカーだと思っていたのだけど。それも対策されてできないってことかな?

富澤や安にはすごい期待しているが、そして期待させるようなパフォーマンスを魅せてはくれたが、チームとしてクラブとして今は若干ちぐはぐ感を感じる。

本来であれば、半期終わり、テスト的な試行錯誤を経て補強を加えてブーストをかけるべき時期。


間に合うのか?
サポも選手も焦燥が募る。

次は磐田戰。真価が問われる。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ








  1. 2015年07月15日 00:10 |
  2. ジェフ千葉・市原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ジェフ千葉】vs岐阜 印象深い一戦に

栗山のJデビュー戦。

前半開始早々、
栗山が難波を押さえられず
右サイドからの単純なクロスをゴールにぶち込まれた際は頭を抱えました。
また、中盤へつなぐ際にカウンターにうってつけのパスミスもあり、
これはこの試合は、
というかこのデビュー戦はダメかなと一瞬覚悟しました。


前半はジェフの攻撃の形があまり良い形ではつくれず、単発な感じでした。

でも、この試合森本のシュート数は多かった気がします。
チームとして森本に集めようとしていたのか。

また、彼のフォアチェック、運動量も増え、
森本単体としては良い出来だった気がします。


前半終了間際には栗山が左サイドにフィード(だよね?)
そこにヤマトが走りこんで
CKをゲット。
そこからキムの同点ゴールが生まれました。
御見事専修ライン!

後半開始早々には森本の右サイドでのキープ、クロスから
町田のJ初ゴール!!!
待ってた!!


栗山も落ち着き、まずまずのパフォーマンスを見せました。
頼みます、これから。

結果は3-1でジェフの逆転勝利。
何かと印象深い試合に。


これで今季の前半戦は終了。
10勝6分5敗。
このペースでは自動昇格ペースに及ばない。

また、この逆転劇をターニングポイントに
していけるか。

頑張れ。

(ここで栗山を使うと言うことは、
CBに補強はないのかなあと思いました。
また、ナムとジャイールのレンタルバックの発表がないところを見ると
残る1枠の外国籍選手の補強はCFになるのかと勝手に推測。
どうなんでしょうねえ・・・。)



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ



  1. 2015年07月07日 18:47 |
  2. ジェフ千葉・市原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。