ジェフの観戦日記が中心です。

逆境イレブン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【ジェフ千葉】vs栃木 引いた相手を崩すには

栃木とのアウェーの試合は1-1のドロー。
中身も結果も渋い一戦だった。

いきなりだが、
引いた相手を崩すにはいくつかの方法があると思う。

1 サイドからクロスをあげる。
2 中央の狭いところを2列目からのスルーパスで崩す。
3 ミドルシュートを撃つ。
4 セットプレーを活用する。


ジェフは1のクロスからの得点を狙うことが多い。
鈴木淳監督以降特にそうだ。
米倉や中村のクロスからのケンペスのヘディングが主な得点源だった。
しかし、今期ケンペスはいない。

じゃあ、他の方法はどうだろうか。
2に関しては鈴木監督の就任後、取り組んでいた記憶がある。
谷澤や大塚を中央に置いて、そこに2列目が飛び込んでいくような。
しかし、あまり機能しなかった。
なにぶん中央突破は難しい。
ジェフにはシャビもビジャもいない。

鈴木体制の後半はやはりサイド一辺倒の攻撃であった気がする。

ミドルシュート。
昨年であればミドルシュートが上手かったのは兵働だと思う。
残念ながら、兵働は今季大分に移籍。
中盤のパウリーニョ、勇人、井出もミドルが上手い選手ではない。

実は今季の兵働の不在はとても大きいと思う。
ミドルシュートもそうであるが、
低い位置からタクトを振れる選手がいなくなってしまった。
精度の高い長距離のボールやスルーパスを出せる選手がいない。
本来でしたあればミドルを狙いながら、相手を引き出してそこにパスを出すと言うのか正攻法ではあるが…

ここまで書いてくると、
どうしても今季のジェフはサイドからの
クロスに頼りがちになるのかもしれない。
しかもケンペス不在で、である。

これは厳しい。

サイドの谷澤、中村、ペチュニクを抑えれば
ジェフは点が取れないということになる。
栃木戦でもそうだった。
どうにも、相手を陣地に押し込みながら
点の取れる気配は皆無だった。


じゃあ、
4に関してはどうか。
ここでは水野がいる。
栃木戦でも最後のFKには可能性を感じる。

引いた相手に対して
今季のジェフは相手を押し込み、
しかし流れでは点が取れず、
セットプレーから得点を狙う。
そういった試合が増えるのかもしれない。

あるいは
サイド攻撃の折り返しを狙うため、
湘南のようにもっと中央に人をかけ、リスクを背負って攻撃するか。。
ペチュニクを中央に持ってきて水野をサイドに持ってくるか。

たぶん、この辺が今季のポイントになると思う。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ

スポンサーサイト
  1. 2015年03月27日 15:04 |
  2. ジェフ千葉・市原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://shoutaro.blog70.fc2.com/tb.php/624-a26ea762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。