ジェフの観戦日記が中心です。

逆境イレブン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【2014ワールドカップ】ポルトガル、グループリーグ敗退

今朝眠い目をこすって朝録画しておいた試合を見ました。

ポルトガルvsガーナ。
2-1で勝利したものの、得失点差でアメリカに及ばず敗戦。


ポルトガルのグループリーグの試合は全て見ました。
対アメリカ戦は通勤しながらだったですが。


ポルトガルは故障者が多かった。
ウーゴアウメイダ、
ポスティガ、
ファビオ・コエントラン。
GKのルイ・パトリシオ。
今朝のガーナ戦でもGKのベトがさらに負傷。

接触による怪我というよりは
筋肉系のトラブルが多かった気がします。


また、第1戦のペペの頭突きによる退場も痛かった。
あれがなければ、もっとアメリカ戦の守備も安定していたかもしれない。
アメリカ戦はせっかく先制しながらも
ポルトガルの要であるはずの守備がぼろぼろだった。

ドイツ戦での大量失点、
アメリカ戦でのドローと
冴えない結果ばかり。


今朝のガーナ戦こそ2-1で勝利したものの、
流れの中で綺麗に崩した得点は少なかった。

サイドチェンジの際のパスミスや
短いショートパスのミスも多かった。

やっぱり芝が悪いのか。
あるいは今のフィジカル重視のサッカーの潮流の中で
ポルトガルのようなサッカーは与しえないのか。

こんな記事も。

「コンパクトなサッカー」と「コンパクトな状態で守備」することの違い ドイツとポルトガルのどこに違いがあったのか


ファーストディフェンダーのアプローチ、またコンパクトな陣形を保ち続けること。

ポルトガルにはそれができなかった。
おそらく日本代表も。


欧州予選のプレーオフのような
華麗なカウンターアタックから
ロナウドがガシガシ決めてくれるようなサッカー、見たかった。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014年06月27日 10:20 |
  2. 2014ワールドカップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://shoutaro.blog70.fc2.com/tb.php/593-df01e469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。