ジェフの観戦日記が中心です。

逆境イレブン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【2014ワールドカップ】イタリアvsイングランド 淡々としたイングランド

グループDの注目の一戦。
イタリアvsイングランド。


娘の相手をしながら見ていました。
本来ならもっとじっくり観戦したかったなあ。

2-1でイタリアの勝利。
点の取り合いで白熱した感じだった、かなあ。
重ね々ねじっくり見たかった。


イタリア代表は
ブラジルにモントリーボとロッシを連れてこれませんでした。
特にロッシは普段あまりTVで見られなかったので
楽しみにしていたのですが・・・・。

1トップには
バロテッリ。中盤の底にはデロッシ、一列前にはピルロ。
あとはマルキージオ。
CBはいつものとおりバルザーリとキエッリーニ。
パレッタ、ヴェラッティ、とかカントレーヴァとかよくわからないw


イングランド代表のほうがよくわかる。
GKハートに、
CBはジャギエルカとケーヒル。
SBにはジョンソンとベインズ。
ボランチはジェラードとヘンダーソン。
前のほうはウエルベックとスターリング、
スタリッジと
我らがウェインルーニー。

という感じで・・・。
基本的にはイタリアが攻めて、
イングランドが守る形。
ピルロがいるので
よくよくボールが回る。


でも、けっこうイングランドもカウンターで
シュートまで行けていた。

しかし、先制はイタリア。
CKからのショートコーナーを
ピルロがスルー。
マルキージオが綺麗なトラップから
ミドルシュートがゴールに突き刺さります。

前半のうちにイングランドも反撃。
カウンターからのルーニーの見事なクロスを
スタリッジが決めて同点。

後半早々には
カンドレーヴァ(だったかな?)が右サイドで切り返して
ファーサイドにクロス。
これをバロテッリが決めて
勝ち越し。

その後はなんとなく、
イングランドの足が止まり。

惜しいピルロのフリーキックがありましたが、


うーん。
私はイングランドを応援していたのですが、
相変わらず淡白だなあと。
初戦このまま負けちゃっていいの?と。
いまいち気迫を見せずに終わってしまった。

もう少しイングランドって昔は怖さがありませんでしたか?
負け慣れしちまったのか。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014年06月17日 23:51 |
  2. 2014ワールドカップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://shoutaro.blog70.fc2.com/tb.php/583-596d5ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。