ジェフの観戦日記が中心です。

逆境イレブン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【2014ワールドカップ】メキシコvsカメルーン 3バックのメキシコ

雨中の戦い。
1-0でメキシコの勝利となりました。
予想外に面白かったです。

カメルーンは4バック。
カメルーンの試合を見たのは4年前のワールドカップの日本戦以来か。

4年前はあまり連携の取れていない、
個人技頼みのサッカーをやっていた気もしますが、
今回もそんな感じでした。
ボーナス支給の騒ぎもありましたしね。

監督はあのフォルカー・フィンケ監督。
あれ、アフリカにいたんだ。


メキシコは3バック。
ど真ん中にはベテランのマルケス。
雨の中のパスサッカーに苦しみつつも、
きちんと後ろでボールを回せていたように見えます。


守備のときにWBが3バックのさらに外を守り、
攻撃の際に出ていくのはJ2でも良くみたとおり。
だけど、メキシコがやると、どうにもいぶし銀。


日本とメキシコは似たようなサッカーをするはずと
思っていたけど、
見てみると全然違う。

メキシコは個々が足腰粘り強くてボールを簡単には失わない。
長友が何人もいるような感じ。


11分、30分にはドスサントスがクロスに合わせて
ネットを揺らすも
オフサイドの判定。

私はしばらく入ったものと思っていて、
30分のはゴールが認められたのだと思っていました。
完璧に、寝ぼけ眼。

メキシコは前回大会、ベスト16でアルゼンチンと戦って
テベスのゴールが誤審で認められ敗戦したはず。
どうも判定にいつも泣かされている。


さて、
カメルーンと言ったら私的には
アスエコト。左SBながら良質なクロスを上げます。
ビジュアル的にもとても目立つ。
4年前と同様今回も顕在。
こちらもエトーに良いクロスを上げるのだけど、
エトーが決めきれない。

カメルーンを見た後だと
コートジボワールがかなり組織化されていたのがわかる。
あくまで比較の問題だけど。
そして、
ドログバやジェルビーニョほどのタレントはいなかった気がした。。


後半15分にはメキシコが
先制。
ドスサントスのシュートのこぼれ球を
ペラルタがゴールに流し込む。
この際、ドスサントスへのくさびのボールを入れる前の
ボールを出したのはペラルタだった。
見ていて3人目の動き?がとても秀逸。


この後、メキシコが逃げ切って勝利。
日本は見習うことがたくさんあると思った。

WC常連、ベスト16常連のメキシコが3バックで多少守備的に
来ているのをみると考えることは大きいなあ。
日本はこのまま攻めるチームを作っていくのが
長い目で見て正しいのだろうけれど・・・。

あとは最後尾にあってチームを鼓舞するマルケスの存在。
長谷部のキャプテンシーを疑っていないけれど、
ああいった気持ちの入ったベテランが日本にも必要ではないかと思った。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2014年06月17日 18:53 |
  2. 2014ワールドカップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://shoutaro.blog70.fc2.com/tb.php/581-667c98f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。